カテゴリ:ベルックス通信( 12 )

 

ベルックス通信 Vol.14

a0109145_16432778.jpg

天窓の新しい使い方 ~陸屋根~

a0109145_1645138.jpgシンプルライフやデザイン性の高いくらしを望む人や、都会の限られた土地での住まいを考える人に、人気のあるキュービックスタイル(箱型)住宅。屋上緑化や、仕切りを減らすことで、部屋に広がりを持たせたり、壁面を有効に使って、好きな絵をかけたり家具を置いたり、住む人の夢を形にしやすい反面、立地条件によっては、日照が十分にとれない心配が、今まではありました。
 そんな心配を一気に解決するのが、ベルックスの新しい顔となった、陸屋根住宅にも取り付けられる、フラットキット!
コレを使って、天窓をつければ、部屋の奥まで光が差し込み、こもった熱も上から排出。家の使いやすさはそのままに、くらしに明るさと快適さをプラスできます。

このような手順で屋根に天窓を設置すると!!a0109145_1647864.jpg

立地条件が悪く、今まで北東、
北西面の部屋はほとんど、日
照をあきらめていた部屋が・・・
このフラットキットのおかげで
部屋はまるで、南面に位置す
るように変身(ピカピカです)a0109145_16513554.jpg







北面なのに南側? 隣地境界線の迫っている土地におすすめ!

a0109145_16531495.jpga0109145_16532792.jpg







これは北面の部屋に、立ち上げ台を南向きに設置して施工した場合のシミュレーションです。


知ってますか? ベルックスの防火窓


a0109145_16562785.jpg
住宅の安全性が問われる中,木造住宅に対しての検査は年々厳しくなってきました。
ベルックスでは、VSタイプとFSタイプで外壁開口部として20分間の遮炎性能を有する防
火設備の規定に適合した天窓をご用意しています。

防火設備対象商品

a0109145_1755992.jpg
VS電動・手動タイプ
 (認定番号 EB-0331)





a0109145_176121.jpg
FSフィックスタイプ              
(認定番号 EB-0210)
上記は、外壁開口部として20分間の遮炎性能を有する防火設備の規定に適合したものですa0109145_17122739.jpg



天窓枠にパイン材を採用し、木のぬくもりとやさしさを発揮しながらも、高い防火性能を持つ
タイプです。防火設備としてのコストパフォーマンスに優れています。
 
※天窓(トップライト)としての防火設備の認定規格がないため、窓としての認定を取得して
います。
※地域により適用判断が異なる場合がありますので、各地域の建築指導に従って下さい。
(準防火地域における、耐火・準耐火建築物において、告示に対する運用、判断は各行
政の建築主事の裁量で行われており、適合判断に対する根拠についての統一見解はあ
りません。
それらの建築物において、通常のベルックス製天窓(網入りガラス仕様)の使用が不可と
なる告示はありません。)





a0109145_17162935.jpg
2006年イギリスのレスター大学が世界178カ国の平均寿命や経済状況、教育レベルなどに関する調査、いわゆる国民の幸福度調査を行った。結果、第一位にランキングされたのがデンマーク。医療や教育の制度、1人あたりのGDPが高い国の国民が「幸せ」を感じる傾向が強いという分析もなされているが、ちなみに、2位がスイスで、3位がオーストラリア、日本は90位(アメリカが23位)幸福度というある意味、人の心を測ることはなかなか難しいことでしょうが「世界一幸せな国」に選ばれたデンマークはどんな国なんでしょう?



1.税金(VAT25%、所得税合計50%)とにかく税金が高い。しかし・・・日本のように不満が起きないのは???国民の政治に対
する関心が高いこと。選挙の投票率も毎回90%くらいなのだから、自分たちに払った税金
の行き先を国民がちゃんとチェックしている、ということでしょうか

2.休暇
職場では、まず1年の初めにその年の休暇の調整をします。夏休みやクリスマス、その他
の休暇で5週間はきっちり休むそうです。アクセクしたところが全然ないのに、一人当たりのGDPが日本と同じくらいあるのは、不思議ですね。

3.男女の格差がほとんどない子供のデイケアセンター施設も整っている。3~5歳の子供の95%がデイケアセンターを利
用している。男女が平等に働いているほか、オープンな国民性もあり給料格差もほとんどない。 うらやましいですね!!


4.家族の時間を大事にする仕事帰りにちょっと一杯より友達同士を誘い合って、ホームパーティーを開くパターンが多い。外食が高いからととても合理的。

5.子供の自立
成人は18歳。ほとんどの成人は家を出て自活する。パラサイトなんていう言葉は存在しない。大学進学率は日本のように高くないが、まず1年社会に出てやりたいことをちゃんと見定めてから、それに必要な教育を受けるというのが一般的。

6.社会保障18歳までは歯の治療が無料だったり、学校の費用の負担が軽いなど、社会保障が非常に充実している。社会的に弱い立場にある人(職を失った人等)も含め、国民が安心して暮らしていける環境が整っている。だから税金も納得して払える。                                                                 老後の心配もないから貯蓄額も日本ほど高くない。

ひと言で言うと、
不幸だと感じるような「不安」要因がデンマークには少ないため! 
と、ベルックスのイエスパー・サルツコフ氏 は言ってました(笑)
  確かに不安がなければ、心は豊かに楽しく幸せになれますよね。実にうらやましい!
ガソリン税や、後期高齢者医療制度に加え、いろんな原材料等の価格高騰と不安要素、不満要素増量中の日本とは大違い!
[PR]

by tenmado-net | 2008-12-02 11:52 | ベルックス通信  

ベルックス通信 Vol.13

         今年の初めから、居室ごとの天窓使用例をご紹介してきましたが・・・ 


                  天窓のイメージが膨らんできているでしょうか!
 
       皆様にご紹介したイメージを組み合わせて、家をつくってみました、今回はちょっと
                      お遊び気分で楽しんでみてください。



階段室、吹抜       基本に立ち返り・・・・天窓を一番使いやすいところかもしれない
                            ですね。
                                 家全体が明るく、風通しよく
 
水廻りにも天窓を     ホッとする時間や、家にいながらリゾートのようなくつろぎを、
                自然を身近に感じながら作る


エコロジーの行方

洞爺湖サミットでどのような環境の話がなされるか、注目していましたが・・・2050年までに
温室効果ガスの排出を半減するという目標が宣言されました。

洞爺湖で示された、冬の雪や氷や、水深35mからくみ上げる水の温度は年間を通じて5~
6度というのを利用した冷房システムなど、電力消費を年100トン削減するために投資した資金
は5000万円。

これを、高いと思うかどうか??

エコロジーへの意識が高まった今、くらし方を見直す必要がありますね。

自分たちで継続できる範囲で、自然と仲良く変えていく。ものの値段があがり大変な時代ですが、環境のことを考えて、いいものを選択して次世代にも続く環境を守っていきたいものです。


玄関を開けたら、風が流れている!
   a0109145_10464576.jpg                   

階段、吹抜
a0109145_11163998.jpg夏場でもこもった熱気は
爽やかに換気



階段近くの天窓 a0109145_11201213.jpg
はちょっとした吹
抜空間!
外からの光で足
元まで明るく
元気に 











a0109145_11241332.jpg
夏場には部屋にたまった暖気が上へ上へと
押し出されて天窓から排出されるので、屋根
に開口があるのがベスト!
縦窓から空気を抜くのと比べて効率がかなり
違ってきます。
換気と同時に光の方向性も劇的に感じられると
家全体も感動的なものになります。

a0109145_11242742.jpg












ホッとする自分時間a0109145_11282868.jpg

トイレで本を読んだり、歌を歌ったり
考え事をするのが好きです。ここは
誰にもジャマされない場所だから!!

窓辺に、花を飾ったり、アロマグッズ
を並べるのも。窓があるからこそ楽し
める。

忙しい日常からのつかの間の逃亡
時間。外を眺めてリラックス!











a0109145_1132637.jpg光と風と取り入れたお風呂は自信作

休日の昼間は斜めに差し込む
日を浴びて、ゆっくり半身浴。
平日は星空を見ながら、一日
を振り返る。
ゆったりカラダを伸して、疲
れもスッキリ。
極上のリラクゼーションを毎
日味わう贅沢。








a0109145_1135042.jpg
a0109145_11351610.jpg







a0109145_11372795.jpg

[PR]

by tenmado-net | 2008-11-08 11:17 | ベルックス通信  

ベルックス通信 Vol.12

こんにちは、ベルックスです 

夏が近づいてきました。
 天窓は、意外かもしれないですが、夏を涼しくすごすための、GOODアイテムなんですよ!
 そんな、ご紹介をしながら、今回もお楽しみください。

Contents
風の流れる寝室
 (快適な睡眠のために太陽光と照明の上手な使い分けの方法と、夏でも快適な風の流れ
の話を)
DAYLIGHT 
自然光を最大限に利用する (開放的なリビングと自然光が運ぶ健康)
快適省エネ住宅  夏は暑いのが普通、その中でいかに快適に過ごすか!これが大事な
のです

~風の流れる寝室~
a0109145_15314027.jpg睡眠に深くかかわる光
就寝前、熟睡に必要な「くつろぎのあかり」と「ほのかなあかり」
月明かりと間接照明で★すっきり目覚めるためには 「朝の漸増光」
天窓から斜めに差し込む緩やかな光昼夜のメリハリをつけ、乱れた睡眠、覚醒のリズムを整える「明るい太陽光」→ブラインドを開けて目に入る明るい太陽光

a0109145_15375114.jpg
自然の力で、風の流れをつくる
高い位置につく天窓は、建物内の上下の
温度差を利用した自然換気ができます。


通風 外の気候が快適な春や秋、伝統的な日本の換気方法で、建物を開け放つと、穏や
かな気流感がさわやかに感じられます。
排熱 暑い夏、室内に入り込んだ熱や、室内で発生した熱を部屋の一番高い位置から温
度差を利用して排熱する。排熱してからのエアコン使用でエアコンの稼働時間を少なくで
きます。
夜間換気 夏の夜間、外気温が下がる時間帯に滞留小野換気を行う。防犯や雨の対策
はあらかじめおこなったうえで、(天窓は防犯上、安心)風の状況を見て、窓をあけ、夜間
の冷気導入によって「蓄冷」(冬の蓄熱と同じ原理)翌日の冷房効果を!パッシブデザイン
の手法

夢の続きを楽しむ寝室

星におやすみ、太陽におはよう a0109145_15434938.jpga0109145_1544228.jpg


a0109145_15445786.jpg




a0109145_15451121.jpg



















a0109145_15452918.jpg
先日、TBSの「世界ウ
ルルン滞在記(森の
幼稚園)」の回にやっ
ていましたが、ドイツ
では、健康のため、
夜寝るとき、窓を開け
て新鮮な空気を部屋
に入れるそうですね。
天窓による換気は、
そういう時も有効で
すね








人は人生の約1/3を寝ているんだって!   
                  ~ それなら、快適な睡眠環境をつくらないと☆ ~

a0109145_15571345.jpg




















a0109145_15573332.jpg

















a0109145_15574685.jpg
見上げたら、空がある!

とっても、贅沢な気持ちになりま
せんか?
都会に住んでいても、空だけは
平等にわたしたちの頭の上に、
広がっています。
疲れていても、落ち込んでいても、
キラキラひかる星や、朝の太陽を
みれば元気になれる。

毎日の元気チャージを、
ベルックスと一緒にしましょ!







DAYLIGHT 天窓で自然光を最大限に利用する
a0109145_16162992.jpg開放的なリビングルーム

リビング、寝室など居室で使用される天窓の面積は床に対して10%程度が目安となります。家族が集まるリビングルームでは容積感を得るた天井を高く取ることや、屋外の眺望のよいことが求められます。階高を大きく取れ眺望も得やすい2Fリビング、吹抜けのあるリビングなど、天窓のライトアップ効果を加えることで、さらに開放的で広々とした空間となります。








自然光が運ぶ健康

「自然光」は子供たちの健やかな成長に不可欠なものです。教育においても、健全な心身の成長にも太陽光を浴びることは大切です。

「自然光のあふれる教室で勉強する子供は読解力が26%高まり、計算が20%速くなる」(Paciffic Gas and Electric Company調査)

他にも、自然光の不足は、放置するとうつ病やパニック生涯につながる可能性が強いとも言われています。また、ビタミンDは骨にカルシウムを運ぶ重要な役割を果たしますが、これも私たちが適度に太陽光をあびることによって体内に合成されます。換気という面でも、現代病の慢性頭痛や鼻炎等が増加している背景には、換気の行き届かない住宅や湿度の高すぎる住宅の増加があると言われています。

天窓からたくさん自然光を取り込み家族の健康を守りましょう!


a0109145_16191230.jpg天窓のつくる光と影のコントラスト
でやわらかな雰囲気の部屋を作
ることも可能





快適省エネ住宅  夏に快適な家
高断熱高気密の家が主流の現代、冬でも暖かい家になってきた一方で、暑い夏をいかに過ごすかが課題となっています。今回は、天窓を使って涼しく! 暑いと思われがちな天窓は、「涼しい」という話をしましょう

a0109145_1625284.jpg





a0109145_16254953.jpg






排熱と自然涼風の適時取入れで涼しく

天窓 + シーリングファン
天井付近にたまりがちな熱気は、天窓を開けると一気に外へ抜けていきます。「排熱」して
から冷房を使えば、使用時間、頻度を減らすことができます。天井にシーリングファンをつ
ければさらに効率的。適度な換気は湿気、カビ発生の予防にも、新鮮な風の通る家で1年
を通じて快適に。
風が通れば体感温度も下がり、気温の変化以上の涼しさを感じることができるようになります。

a0109145_1630622.jpg

ベルックス + クラウドナインの涼風システムのご紹介  
この理論を形にしたものです!

「家のつくりは夏をむねとすべし」昔の家の機能を現代によみがえらせて、快適な暮らしを
「採光と排熱」「室内の空気の対流」「温度調整」を組み合わせた新しい「POLARIS」

①排熱 天窓とファンによって室内上部にたまった熱を排熱します。
②輻射熱 エアコンとファンをまわして室内の温度と共に天井部の冷却をします。
③そよ風 エアコンをとめ、ファンだけをまわして室内の体感温度を下げ、涼風(そよ風)の
  状態にします。
④外気導入 外気温が室温より低い場合は、エアコンをつけずに、外気を取り入れます。


この涼風システムでエアコンの稼働時間は6~9月の実験で約300時間短縮。
CO2削減が約9%そよ風があれば室温は30℃でも快適・・・を実践すると、設定26度にしていた時に比べ電気代も50%の削減になります。

日本で消費されるエネルギーのうち2割が家庭で消費されています。
→ 便利なもの(冷房)に慣れすぎた私たちのカラダは悲鳴を上げていた!
   ・冷え性に悩む女性たち、冷やしすぎによる冷房病
   ・赤ちゃんの毛穴の数が減っている(汗をかくことも大事なのです)
   ・窓開けや換気をこまめにしない。季節を正しく感じられていない
              ↓
ベルックスでは「チームマイナス6%」に参加した時のスローガン「冷房は28℃、暖房時の
室温は20℃に設定しよう」を実践して、夏には多少のやせガマン(冷房の頻度を減らす)を
しても快適にくらせるヒントを皆様に伝えていきたいと思います。

㈱カスコはPd-Sheetの提供でー6℃を提案しチームマイナス6%に参加しています。
a0109145_16393711.jpg

a0109145_16474513.jpg


a0109145_16414871.jpg
     もちろん、POLARISを使わずに、体感した
     感覚で天窓の開閉、エアコンのON,OFFを
     手動で行うのが一番です。(こういうシステ
     ムもあるというご紹介だけ・・・)


a0109145_16484495.jpg

[PR]

by tenmado-net | 2008-08-20 15:10 | ベルックス通信  

ベルックス通信 Vol.11


a0109145_16224048.jpg
おいしい食事をしよう!a0109145_16173027.jpg




a0109145_16182945.jpg


調理も会話も楽しめるキッチン
今や、キッチンは家の主役といってもいいような場所。一日のうちここでママたちの過ご
す時間も意外と長い。
家作りの際にこだわりたい場所ですね。
明るく、窓の外の景色を見渡せるキッチンなら、家族も、お客様も自然と集まり、笑いが
こぼれます。
おいしい料理と楽しい会話。
ママが楽しそうなら、子供もうれしくなる。
お手伝いだってしたくなる = 幸せ!!幸せキッチンをベルックスで作りませんか?


a0109145_16283229.jpg

▲ミニ知識
太陽の光の下では、食べ物が一番おいしそうに見えるそうです。家族の健康を考えたらキッチンに天窓をつけるのはとってもいい考え!






a0109145_1625983.jpga0109145_1625335.jpg







お客様が来たって、
ママもちゃんとお話に参加!
ミニ料理教室だってできちゃう!














a0109145_16312171.jpga0109145_16313998.jpg



















DAYLIGHT 天窓で自然光を最大限に利用する

意匠的な効果

天窓から入る天空光(拡散光)、その視覚的効果は曇りの日でも絶大です。やわらかく
包み込むような光は、建築物やインテリアの形を美しく浮かび上がらせてくれます。
また、プライバシーを優先するために窓に制約を受ける場合でも、天窓を高所に設置す
ることで、近隣の視線を気にすることなく採光と、開放感を確保できます。


a0109145_16433975.jpga0109145_16435310.jpg













a0109145_164563.jpg













天窓からの眺めは、日々変化する絵画。家にいながら、自然を感じられます。

a0109145_16574897.jpg

階段上につけると、足元を明るく照らし、上り下りも安全

















健康エコ住宅のために ベルックスのできること

『健康エコ住宅』の考え方は“自然と共生”すること。この自然と共生する住宅を考える
場合、大きく分けて2つの視点が必要です。 1つ目は自然の力を借り家を造るという視
点。2つ目が自然の威力に負けない家づくりという視点。単なる暑さ寒さを耐えた住宅を
だけを意味するものではないのです。

今回はそんな中での「ベルックス」と「天窓」のはたす役割を考えてみようと思います。

「自然の力を借りる」家づくりというのは、太陽の光や熱を借りるエネルギー利用、風の
力を借りるエネルギー利用、森林の力を借りる木材の利用、天の恵みを借りる雨水の
利用、そしてバクテリアによる水質浄化や汚染・生ゴミなどの分解さらには植物による
室内空気の浄化などがあげられます。

ベルックス天窓は、原材料が北欧のパイン材、1本の木を切り出すごとに1本の気を植
えるという森林管理を通じて持続可能な木製品の供給を実現しています。金属の部品
も有害物質を排除した、クロムフリーめっきの部品に変更リサイクルへの配慮を徹底し
ています。

また、現代の高遮熱パネルの家に、天窓をつけると、自然の風の力を利用した通風と排
熱で体感温度を下げたり、夜間換気で涼しく過ごすことが可能になり夏場でも、冷房の
利用を最小限に抑えることができます。

a0109145_1731651.jpg


「自然の威力に負けない」家づくりとは、地震や台風から家を守る住宅。


ベルックス天窓は、日本の風土や気候
a0109145_1751235.jpgに合わせたものにするため、縦40mx
横18mx高さ6mの風洞実験施設で
最大風速:   40m/s
最大水量: 200mm/h 
に耐える日本専用仕様の天窓を開発、
改良を日々おこなっています。




健康エコ住宅づくりのお手伝いを!環境に配慮した自然素材を使用し、厳しい日本の
自然でも使えるベルックスの天窓で、太陽や風の力を借りながら、温度や湿度の変化
に対応し住む人が健康に生活できる家づくりを目指せたらいいですね!


a0109145_17113232.jpg

ベルックスもカスコも今年度からエコをテーマーに商いを行います。
a0109145_17133436.jpg

[PR]

by tenmado-net | 2008-05-02 16:13 | ベルックス通信  

ベルックス通信 Vol.8

前回お約束した、環境共生の話と、デンマークのエコロジーの紹介を行います。

毎日のように環境対策のニュースが飛び交う中、日本は、エコロジーに対する徹底が諸外国に比べ低いように思います。

見習えるところから、私たち自身の意識を高めていきましょう!

a0109145_1834352.jpg環境への取り組みの盛んなドイツでは、早くから「環境に視野をおいた、省エネルギー、健康、ローコストの住宅を団地規模で実現する」という住人が自ら定めた基本方針に従い、住宅地を形成している例が各地に見られます。



高断熱化、エコマテリアルの採用、冬は太陽の光と熱を利用し、夏は木や壁面、屋根面の植物で遮熱を計るなど・・・

環境対策、燃料にたよらない家作りを目指すこれからの時代、わたしたち日本人も、こうした取り組みに学ぶことがありそうですね。

環境にやさしいホテル Seehotel am Neuklostersee (写真)

無塗装のカラマツ材の外壁に植物をはわせ、周りの環境に溶け込む外観。

天窓を含めたすべてのサッシは木製、ペアガラス。

太陽からの光と熱を取り込みます。冬はここであたためられた空気であたたかく、夏は外壁の

植物や、周りの樹木で遮熱を図る工夫がされていますそれぞれの部屋の壁は粘土ブロック積

みの上に、しっくいの仕上げ。

a0109145_18362312.jpg















a0109145_18365481.jpg※住宅版の環境共生は、南、南西、南東に開口を大きく取ることや、蓄熱効果のある温室を設けてパッシブソーラーの利用、その暖気を居室に導くことで省エネ化を図ったりしています。


天窓の自然光を使った部屋の様子












エコロジー・パイオニア デンマーク
a0109145_1841555.jpgデンマーク各地にある「エコ村」では、シャワーのお湯などのエネルギー源はソーラー。こうして、現在では小さな島国であるにもかかわらず、エネルギー自給率は10%に達しています。

雨水の利用などで水の消費にいたっては、10年間で40%も減っているという報告も。デンマークにおいては、国民的な理解の中でエコロジーは理にかなったものとなり、ライフスタイルの基本になっているのです。



※エコ村
環境活動に熱心な人たちが、生活のさまざまな面で「持続可能」を支えている。家のリサイクル、雨水を保存して、シャワーから庭の水まき、洗濯、飲料水以外のものに使うなど、生活体験できる施設もあります。



自然の恵みを最大限に利用する天窓は、エコa0109145_1848943.jpg
ロジーを考えるとき、大きな効果を発揮し ます。
涼風を効果的に屋内に導き入れるとともに、上
部から自然光を補うのです。これにより日中に
照明を使用する時間が減少。

冬季には暖かい日差しを取り込れパッシブソー
ラーの暖房効果を生みます。夏季には通風を
効率的に行うことで、冷房の使用頻度を減らす
ことができます。

住宅の年間用途別 エネルギー消費の統計で
は、照明に5~10%、給油、暖房に50~60%、
冷房に5~10%の貢献。

住宅でのエネルギーの消費を抑えることは、CO2排出の抑制と地球温暖化防止に大きく貢献します。

a0109145_1852441.jpg











a0109145_18522223.jpg

デンマークはエネルギーの殆どを輸入に依存していたためエネルギーの自給率は2%(1972年)でした。

もともと環境問題に関心が有りましたが、オイルショックによる石油価格の高騰から、エネルギー、エコロジーに更に強い関心を持ち、次々と対策を打ち出して30年以上たった現在では立派なエコロジー立国になりました。

「核エネルギー?いらないよ」を合言葉に、ソーラーパネルや風力タービンといった自給可能なエネルギーへの支持にもつながった。デンマークの土地は原子力発電所による傷を負っていないし、振動する高圧パイロンもめったに目にしないかわりに、ゆったりと、大きな白い風力タービンが黄色い畑の中や田舎の景色に溶け込んでいる。 ソーラー・エネルギーも、一般家庭用において普通に見られるようになってきている。

---------------------------------------------------------------------------------------------

VENTILATION 自然換気で得る快適な室内環境

①天窓は換気効率4倍
住宅の窓は一般的に南面に多く設けられます。

夏に南風の頻度の高い地域では、南北の窓だけを開けた場合と、南面の窓と階段上の天窓を同時に開けた場合とを比較すると後者のほうが4倍の通気量を得られるといわれています。

つまり、天窓を利用すれば、4倍効率よく通気が得られるということです。

a0109145_1858312.jpga0109145_18585267.jpg









a0109145_1905994.jpg











②煙突効果と排熱
建物の上下階の温度差によって発生する上昇気流を利用する通風が、煙突効果です。

高低差のある開口部からは、無風でも煙突効果によって空気の流れが起こり、下から上へと空気が抜けていきます。これは、排熱とも呼ばれ、天井付近にたまった熱気を排出することで、夏の暑さも効果的に軽減できます。

a0109145_1923413.jpg

自然換気の検証
ベルックス名古屋営業所は、東西に面した急勾配の切妻屋根に多くの天窓がつけられています。これにより、自然換気を利用し、極力 エアコンの使用を控える実験を行いました。

体感できる空気の流れが起こることで、室内は湿度の高い日で2~3℃、湿度の低い日で 5~6℃、外気温より低くなることがわかりました。

一般的に、室温 26℃~27℃、湿度40%~60%が夏場の快適な室内環境と言われてい ます。名古屋の夏は外気温が40℃近い日も多くありますが、事務員は室温30℃までエアコンを使用せずに過ごすことができました。


新製品の市場アンケートを行っております!

a0109145_1961542.jpg


a0109145_1981847.jpg














最後までお読み下さり、ありがとうございました。

天窓のお問い合わせは天窓.netまで!
[PR]

by tenmado-net | 2008-02-14 19:10 | ベルックス通信  

ベルックス通信 Vol.7

エコロジーを真剣に考える年です!

 誰だって、環境に配慮した地球に優しい家に住みたいと思っているはず。では、省エネと快適さを両立した住まいはどうやったら、できるのでしょう? その実現には 最低2つの知識が必要になります。

  「省エネ性能」に対する知識と、「家族の価値基準」に対する知識。
しかし、エコロジー = 省エネ、省エネとだけ考えてしまうと、「節約」や「がまん」と思ってしまうこともあるかもしれませんが、継続的なことでないと、本当の意味での「エコ」にはなりません。なので、幸せや、楽しさを感じられる「pricelessなエコ」をこれからは提案し、私たち企業も考えていかないといけないと思っています。

 住宅展示会などでも、最近は「エコ」を売りにしている企業が増えてきました。天窓も、ソーラーパネルも、断熱シートも・・・、どのメーカーにも共通した悩みは、実際に体感した人には、その商品の性能のよさや、快適さは理解してもらえるのに・・・
a0109145_1791458.jpg
たとえば、ベルックスを1つ取付けた方からは「夏で
も風が通り抜けて、気持ちがいい。家に帰ったら、
ベルックスの部屋ばかりにいるよ。もっと、他の部屋
にもつければよかった」断熱シートを使われ使われた
方は、「この間の冬は、こたつだけで十分あったかか
った!」というように

a0109145_17555215.jpg










新しいお客様へのアピールが難しい(涙)コスト面で初期投資を考えると長期的に省エネにつながるのがわかっても・・・メーカーはもっと心に響く伝え方を考えないといけないようです。

a0109145_1713246.jpga0109145_17134353.jpga0109145_1713582.jpg





ベルックスの快適エコを商品別に
お話します。

高断熱高気密の家にプラスして使おう!!
デイライトチューブは屋根裏を突き抜け
て今まで暗かった空間に光を通し、昼
間でも電気にたよりがちだった、場所
にやさしい光を届けます。

◆ 昼も夜もベルックス☆
  デイライトチューブを使って


◆ 天窓プラスシーリングファンで 
  夏も快適に!


◆ ソーラーバッテリーブラインド

あなた家族の快適ポイントおきますか? なにかのヒントを見つけてもらえればうれしいです。

天窓プラス シーリングファンで夏も快適に!
a0109145_17281441.jpg前回お話した、省エネ住宅のアイデアを実践したケース。ベルックスなら夏でもブラインドで日差しをカットしながら、風を取り入れることが可能。ファンをまわして換気をしてから、エアコンをつければ、エアコンの運転時間を大幅に減らすことができます。



業界初☆
ソーラーバッテリーブラインド
a0109145_17593776.jpgその名のとおりのソーラーバッテリーを使ったブラインド。配線いらずのうえ、電気代もかからない、エコロジー&エコノミーな商品。高いところにつけた天窓でも、らくらく、遮光!
しかも、業界初! ベルックスだけで味わえる 得した気分





ベルックスのエコロジー ラインナップを並べてみましたが、いかがでしょう?
ベルックスのついた家で生活するだけで、「エコ」を実践したことになる。それに気がついただけで、ちょっといいことをしている「pricelessな幸せ」を感じられる。
  それぞれの家族の必要に応じて、リビングや、寝室、子供部屋に開閉タイプの天窓をつけて、風の通り抜ける家族の集う場所をつくったり、暗くて、通るたびに、ブルーになっていた廊下やクローゼットを明るく照らして、太陽と風を感じながら ちょっといいこと!体感してみませんか?
環境先進国の ドイツの環境共生住宅やエコロジーパイオニアのデンマークのお話はまた次回までに勉強して、皆様に お届けしたいと思います。

天窓ウンチク 天窓の役割「自然換気」
~毎日深呼吸・新鮮な空気で快適な暮らしを~
a0109145_1831673.jpg
a0109145_1833494.jpg
「換気4倍」
1987年 東京大学で行われた「自然通風に関する実験的研究」によれば、東京の夏季最多風向である南風、総2階の住宅を考えた場合、南面の窓から北面の窓へ抜ける通風に対して南の窓と階段上の天窓を開けた場合、抜ける風の量が4倍となります。このとき、実際の温度は2~5℃しか違いませんが、風を伴った体感温度をあらわす新有効温度は最大で10℃違ってきます。無風状態でも、円とつこうかで風が通るのが、天窓による温度差換気の特徴です。
a0109145_1855879.jpga0109145_1863750.jpg
[PR]

by tenmado-net | 2008-01-28 11:52 | ベルックス通信  

ベルックス通信 Vol.6

今年最後のベルックス通信です。

 先日の朝日新聞にも「低炭素社会へ」選択のときという記事がっていました。
載冬は暖かく、夏は涼しい、快適住宅で環境に配慮した住宅を作ることがこれからの私たち
には求められていると思います。

そこで、来年も明るい日差しが差し込むよう空前の天窓ブームを期待して!!

省エネ住宅のために (環境配慮と快適なくらしの両立)

 地球温暖化が深刻になってきた昨今、見直されているのが昔、兼好法師が述べているような「家の作りようは夏をむねとすべし」という風通しを念頭において建てられる住宅です。しかし、昔のままでは隙間が多く気密性能が低いため、夏は涼しいものである反面冬は寒いという欠点もありました。そこで最近は、夏・冬とも快適で健康な生活をおくれるように断熱・気密性能が強化された住宅が一般化しつつあります。が、これは「冬の暖かさ」「省エネ」には効果的であるのですが、「夏の暑さ対策」には熱がこもってしまうため、冷房に頼らざろう得ないという状況を生んでいます。

 そこで改めてクローズアップされてきたのが、「通風と換気」の問題です。高気密で隙間のない室内に汚染物質がこもり、人と建物に害を及ぼすのを防ぐ必要があるのです。

 換気をきちんと効率よく行うことは、排熱効果や、室内の空気が新鮮に保てるだけでなく、室内のゴミや湿気を排出し、室内・外の結露の発生も防止できます。それが「人と家の健康を守る」ことになります。「ロ・ハウス」ですね。(健康や環境に配慮したロハスと家のハウスをかけた言葉!)

 冬にせっかく暖めた空気を換気により外部に放出することは、一見、矛盾しているように思えますが、要は、「断熱・気密・防露・換気」は互いに非常に密接な関係なので、常にバランスを考えながら、計画的に実施しなければならないということなのです。省エネ住宅には、高断熱・高気密の機能と自然な風や明かりを取り入れつつ、室内環境を整えていくことが必要になります。

 ベルックス天窓が、そうした省エネ住宅にとても有効なアイテムなのは、たとえば、家の中の明るさと開放感を高める目的で、吹き抜け空間を玄関やリビングに作り、天窓をつけると。

・天井の圧迫感がなく伸び伸びとした開放感が味わえることで、狭い室内を広く感じさせる効果 があります。
・室内の仕切りがなく風通しの面からも有効です。また、部屋の一部に熱がこもらないので、夏 は涼しい。
 ・吹き抜けの開口部を設けることにより、日光をふんだんに取り入れた明るい空間が確保でき  ます。

 さらに、これらの利点を活かすには、吹き抜けの窓や換気扇の位置・大きさを工夫する必要があります。気候のよい時期には、1階部分から取り入れた風を室内に循環させて、2階の天井に近い部分から屋外に排出させるという空気の流れができるように、窓や換気扇を配置することも有効です。  最後までお読み下さり、ありがとうございました。

a0109145_14283669.jpg省エネ住宅をめざすには  (朝日新聞より)
・断熱・機密を高める
・日射をうまく利用する
・風通しを良くする

夏は涼しく 
日差しやブラインド(窓の外がよりよい = オーニング すだれ) 
天窓を設ける。(ベルックスは遮光しながら換気可!)エアコンに頼らない
冬は暖かく 
すきまをふさぐ機密性・断熱材の工夫
明かりをとる。(天窓から暖かい光を!)
複層ガラスにする(ベルックスはすべて、遮熱・断熱強化ペアガラス)
天窓からの排熱にファンをプラスする
と、より効果的に排気が可能になり、
さらに部屋中の空気を巡回させるこ
a0109145_14354746.jpgとも可能になります!

少し重いでが、大阪支店 宮田氏からのクリスマスプレゼントのダウンロードはここです。

豆情報
天窓 + シーリングファン + エアコン を部屋に取り付けた温度センサーで操作して、
夏場の住宅を快適に過ごす涼風システムも開発されています。

               詳しくは:㈱カスコへ

a0109145_14423255.jpg

[PR]

by tenmado-net | 2007-11-30 14:20 | ベルックス通信  

ベルックス通信 Vol.5

自然の力を生かすa0109145_16452039.jpg

地球温暖化を考えるようになってから、エコロジーにつ
いても興味を持つようになりました。しらべていくと、北欧
の国々は厳しい自然環境の中でも、それに逆らわず、上
手に暮らして、エコを実践しています。「エコ = 節約」
ではなく、自分からはたらきかけてていくものだということ
も、学ぶことができます。というわけで、ベルックスのふる
さ北欧の自然力を感じていただけるかしら!!




a0109145_16484764.jpg

プラス、前回に続き間取りの話を一つ
「2階に生活空間を移す  ☆ステキ☆」でお届けします。a0109145_16495131.jpg

2階を生活空間にする逆転の発想の家

住宅密集地に家が建っている場合、1階の日当たりの悪さ、また隣接する道路の交通、騒音、通りからの視線など、なかなか側面に窓が設置できない場合があります。そのような場合は、思い切って生活空間を2階にもってくる。
これからの高齢化社会を考えると上下移動のない1階を生活の場にすることが、一般的かもしれませんが、住宅密集地などの場合では、明るく風通しのよい2階の方が健康的になります。
日照についても、隣家が迫っていて側面からの採光が十分にとれないのであれば、リビング、ダイニング、階段に天窓をつければ、自然光が入り、1階に生活空間をつくるのとは比べ物にならないほどの明るい空間ができます。※ミニ知識  天窓からの光は壁面窓の3倍の明るさ!

リビング・ダイニング  
2階は通常、隣近所からの視線から逃れることもできる上に、景観もよくなるので、住む人の気持ちが明るくなります。
階段 
足元を明るくするので階段の上り下りも、安全。さらに、天窓は、部屋のいやなニオイをとりのぞき、新鮮な空気を取り込んでくれる換気機能を持っているので、家も毎日深呼吸カビや湿気にも強くなります。日々の暮らしを大切に。健康に。
ベルックスは、自分らしい、生き生きとした素敵な住まいを形にするお手伝いをします。
a0109145_1791852.jpga0109145_1793946.jpg

















北欧の街並みからくらしを学ぼう! 
最近よく「北欧○○」ということを聞きます。ベルックスもデンマークの会社なので私も「ヨシッ!」と思ったり(笑)。なぜ北欧にあこがれるのか、秘密を探ってみたいと思います。
北欧の人たちの基本は「選ぶくらし」
・毎日のくらしを少しでも楽しくしてくれるデザインのものを選ぶ。
・自然の素材をできるだけそのままの形で楽しめるものを選ぶ。
・自然に逆らわないくらし方を子供のころからしている。


散歩するだけでも楽しい、落ち着いた雰囲気の住宅地
a0109145_17221555.jpg
写真のような住宅地も、デンマークの場合は、コミ
ューン(役所)が建築家に依頼をして、コミュニティ
ー全体の建築を手がけることが多いそうです。
機能的な面だけでなく、ひとつの住宅地として住
民同士のコミュニケーションを施す仕掛けにも工
夫が凝らされたり、パブリックオープンスペース
と住民の行動、全体と個々の多様性など、それ
ぞれの絶妙なバランスでトータルで景観を作っている。     Wolk in Homeで作成
a0109145_1727748.jpg
日本でも、新規の分譲地などで同じようにトータルな景観作りをしている例も増えてきましたが、北欧はこうしたことの先進国でもあるのです。
※パブリックオープンスペース広場や公園だけでなく道路なども含んだ敷地条件、各住戸に対しての日照や通風の問題の解決。改築、新築の際、外観やスタイル、色調、垣根の形、使用する建材が制限されていることもあります。


毎日のくらしを楽しくするデザイン
結局はシンプルで美しいものに行きつく。
日照時間が短いお国柄ということもあり、太陽の光の採り方がとても上手です。縦サッシからの光とは別に天窓からの角度をつけた明かりを上手に採りいれて、心地よい空間を作り出しています。大きな開口の窓がたくさんついている家がおおいのもそのせいかもしれません。
寒い国なので、複層ガラスが標準。遮熱断熱性能に優れているベルックスは光を演出するアイテムの一つです。
余談ですが・・・北欧の人が照明の使い方がとても上手。長い夜を過ごすことが日常の彼らは、キャンドルや間接照明の使い方が洗練されています。必要な場所に必要最低限の光をおいて、部屋の明暗を楽しんだり、光源をあたたかい色にして、落ち着いた雰囲気をつくったり、工夫を楽しんでいるようです。
古くて新しいもの
もともと、エコロジーについての考え方のしっかりしている北欧では、新しいものを作るときも、古いものを再利用することがよくあります。過去から続く風景や物をいたずらに壊すことなく変化させていくことは、もしかしたら、人生においてもっとも大切なことなのかもしれませんね。
子供にこそ最高のものを、自然の力を肌身で感じる
子供にはいいものを自然に見分ける力があります。将来を切り開く彼らにこそ最高のものを。自然を愛するデンマークには、「森の幼稚園」というユニークな幼稚園が各地にあります。森一帯が敷地の幼稚園では、子供たちが土路だらけになって走り回り、ターザンごっこをしたり、器用にナイフを使い木の切れ端を削ったり、おやつには、旬の果物や手作りのパンをほおばったり、いきいきとたくましく、豊かな感性を身につけているそうです。a0109145_17351187.jpg
















ミニ知識
世界中で愛されている LEGOもデンマークのおもちゃです。
a0109145_17463719.jpg合成語、レッツとゴットの言葉の意味は「よく遊べ」子供たちの好奇心や創造性を刺激し続け、集中力を高めたり、状況に応じた問題解決能力をはぐくむのにも優れたLEGOも「子供には最高のものを」のコンセプトで作られています。
[PR]

by tenmado-net | 2007-10-22 19:38 | ベルックス通信  

ベルックス通信 Vol.4

ずっと快適に暮らせる家a0109145_14252590.jpg

 暑い夏もやっと終わり、気持ちのいい季節がやってきました。
日本のすばらしいところは四季のあること。周りの風景や季節の移り変わりから私たちの五感
自然に磨かれていきます。
そんな、五感をさらに育て、心をゆたかにする家作りを、間取りから考えていこうと、数回にわたって、間取り、スペースの有効活用について考えていこうと思います。
お勧めフローリング バーチ無垢材

a0109145_14264910.jpg

お勧め外壁材 サーモウォール
信じられませんが、材木に腐れ10年保障、防虫5年保障が付いています。

ずっと快適な家
a0109145_14402372.jpg快適な家のキーワードは間取り。 
どんな暮らし方をしたいか、子供が大きくなった将来の暮らしの変化も配慮しておくといいでしょう。
 限りある床面積の中で満足できる家をつくるには、ライフスタイルを考え、部屋に優先順位をつけることもポイント。機能の異なる部屋をまとめる、あるいは、部屋の仕切りを省いた開放的なプランにすることも広がりを作るには良い方法になります。
 写真の例は、家族の共有のリビングを吹き抜けにし、個人のスペースはそれを囲むように二階に配置した例。
 同時に、敷地の持つ条件の方位や周囲の環境を観察して、日当たりや、風通し、外からの視線の届き方なども考えています。
a0109145_14405249.jpg



快適な家のキーワードは間取り。a0109145_152540.jpg

小さな家にたくさんの部屋を作ろうとすると、どこも狭くなり、窮屈感のある住まいになってしまいます。そんな場合は、間仕切りの壁やドアをできる限り省略して、空間に連続性をもたせるのもよい方法です。
こうした「オープンプラン」は、スペースの有効活用と共に、生活動線も効率的にするよい方法です。
天窓を使い、空間と視界を広げると、広々とした開放感のある快適スペースづくりがさらに楽しくなります。
a0109145_1524960.jpg





一階はパブリックな場所の
リビングとダイニング、二階
にプライベートな部屋を配
置しています。

a0109145_1613426.jpg








自分だけの部屋
a0109145_1612163.jpg 子供だって自分の部屋がほしい! 子供部屋を作ってあげたい。 
でも、小さな時に個室を与えて親子のコミュニケーション不足にならないかを心配することがあるかもしれないですね。
 そういう時は、吹き抜けのロフト部分を子供部屋にしてあげるのはどうでしょう!
 自分だけの場所をもらった子供はハッピー。親のほうも、子供たちの気配をいい距離感で感じ、成長を見守ることができます。
 そして夜には、子供部屋に招待してもらって、一緒に星空を眺めてゴロンとすれば、幸せ家族の出来上がりです



a0109145_16445094.jpg
a0109145_16455787.jpg






a0109145_16471121.jpg
a0109145_16514914.jpg






文書と写真は日本ベルックス大阪支店 宮田麻子氏
[PR]

by tenmado-net | 2007-09-19 14:27 | ベルックス通信  

ベルックス通信   vol.3

こんにちは、ベルックスです。

今年は、74年ぶりの最高気温を岐阜や埼玉で記録したり・・・他の地域も、もちろん、8月に
入ってから、尋常でない暑さが続きました。
前回、天窓は暑くないといっておきながら、40度近い気温だとやはり、何をやっても暑い!!
(もちろん、冷房をつける前に、一度天窓で換気をしてから、スイッチを入れていただくと、
早く冷えるというのは本当の話。体感していただいていますか?)
そこで!
もっと、環境の根本を考えて、地球を救おう!(少し大げさですが)をテーマに今回はお話をし
ます。


地球が危ない!
a0109145_10424723.jpg今年の夏は、観測史上初という言葉をよく耳にしました。とにかく、溶けそうなくらいに暑かったです。
が!! このままでいくと、この気温が最大であと6.4℃あがってしまうかもしれない!と言う
ではないですか。
冗談じゃないですよね。
少しでも、この温暖化に歯止めをかけたい。というわけで、今回は、ベルックスと環境のお話
をしてみたいと思います。
オーク・フローリング使用 弊社:e-kenzai Shop
お勧めは幅広のOAK





ベルックスは環境に配慮したやさしい家作りを応援します

a0109145_105167.jpg天窓がつかない場所でも自然光をデイライトチューブを使ってデイライトチューブは屋根裏を突き抜けて今まで暗かった空間に光を通し、昼間でも電気にたよりがちだった、場所にやさしい光を届けます。昼間の電力消費と、家計にやさしい新しいタイプのベルックスの一員です。
さらに、ステップアップした環境を考える家つくりを考える方におすすめの換気機能も併せもつ天窓です。

VSスカイビュー電動シリーズを使って。a0109145_1115777.jpg
ベルックスなら、自然エネルギーを使用し、環境にも健康にも優しい自然志向の高性能、自立循環型省エネ住宅を作ることが可能です。

自然風の利用で冷房エネルギー消費を削減
天窓は、室内にたまった熱を上部から排出するほか、隣家との間隔とはあまり関係なく、壁面の窓との組み合わせで有効な風の流れを作ることができます。

昼光利用で照明エネルギー、冬場の暖房消費を削減ベルックス天窓は遮熱断熱効果の高いペアガラスを標準装備。ブラインドで光の量を調節しながら、1年を通じて昼光を効果的に取り込むことができます。また、冬場は暖かい日差しを部屋に取り込み蓄熱することで暖房消費も抑えることが可能です。      お勧めは弊社の白バーチ白オーク材

換気機能でも省エネに大きく貢献
空気の温度差を利用して排熱、換気のできる天窓には、家の換気装置としての働きもあります。こうした、通風を確保した自然換気によって、家全体の体感温度を下げることが可能。同時に、この換気によって、湿気やにおいも取り除けるので、アレルギーやシックハウス症候群についても、ある程度の改善を図ることができます。換気対策が、人と家の健康を守るのです。

a0109145_11271828.jpg  tenmado Shop
[PR]

by tenmado-net | 2007-09-01 10:42 | ベルックス通信